「ドン・ファンの埋蔵金」2億円を盗んだヤツが犯人だ

「野崎幸助さん怪死事件」ベテラン従業員が語る、隠し財産の謎


「ドン・ファンの埋蔵金」2億円を盗んだヤツが犯人だ

ブラックカードを自慢する野崎氏。後ろにある1000冊以上の顧客名簿も、すべて警察に押収された


 豪雨のなか行われた、野崎幸助氏(享年77)が経営する酒類販売会社の家宅捜索。2階の一室に置いてある金庫の前で作業する業者の様子を、和歌山県警の捜査員たちは固唾(かたず)をのんで見守っていた。資産50億円とも言われるドン・ファンだけに、金庫のなかにはいったいいくらの現金が入っているのか。だが、ようやく開いた金庫は、ほぼ空っぽ。1万円の現金すら入っていなかった――。


 6月20日に行われた野崎氏が経営する会社の家宅捜索を受け、ドン・ファン怪死事件は思わぬ方向に進んでいる。会社の2階には170cmを超える大型金庫とそれより少し小さい金庫が並んでいるが、入っていたのはそれぞれ、古いスーツやネクタイと、わずかばかりの土地の権利書だけだった。これを受け和歌山県警は、現金が金庫から盗まれたとし、その犯人こそが野崎氏殺害の下手人でもあるのではないかと疑っている。捜索に立ち会ったベテラン従業員が言う。


「社長は常にカネを移動させていました。ガムテープでぐるぐる巻きにした大型のトランクに入れてね。トランクは金庫のなかに入っていることもあるし、知人の家に預けられていることもある。金庫にトランクがなかったということは、別のところに置いてあるということです」


 ’94年に国税庁の査察を受けて以来、野崎氏は常に巨額のカネを〝埋蔵金〟としてトランクに入れ、隠し続けてきた。トランクの中身は誰も見たことがないが、重さは40kgほどあったという。トランクを運んだことのある元従業員が語る。


「重さから推定して、2億円は軽く入っていたと思います。トランクの他にもう一つバッグを運んだことがありますが、そっちはガチャガチャ音がするので、金の延べ棒か貴金属でも入っていたんじゃないですかね。重すぎて自分では運べないから、社長はいつも信頼する従業員に運ばせていました。場所は金庫だったり、知人の家だったり。『どこに運んだのかは絶対に口外するな』と社長からは常に言われていました」


 野崎氏からそのトランクを預かったことがあるという知人からも、話を聞くことができた。


「朝5時頃に周囲に誰もいないのを確認しながら、従業員が運んで来ましたよ。何度か預かったけど、だいたい1週間くらいで引き取りに来る。社長から『ガムテープが剥がれとるやないか。お前(中身を)見たな』と因縁をつけられてからは、預かるのをやめましたけどね。社長が亡くなった後、5月30日に警察にも呼ばれ、トランクの写真を見せられて、カネを預かった事情も聞かれました」


 金庫にあるべきカネがなく、それが本当に盗まれたのだとしたら、真っ先に疑われるのは最後にトランクを運んだ人物だ。2億円をくすねた者がいるとすれば、ドン・ファンを殺害する動機も十分に持っていることになる。会社には6名の従業員がいるが、このなかの誰かなのか。前出のベテラン従業員が言う。


「若い従業員たちは私を疑っているみたいだけど、絶対に違います。警察はいま、最後に運んだ人物を徹底的に捜査しているみたいです」


 6月20日の家宅捜索では、野崎氏の会社にあった1000冊以上のファイルも押収された。野崎氏は酒類販売とは別に、貸金業も行っており、このファイルにはカネを貸していた顧客の氏名と住所が記されている。


「警察はこれも捜査対象にしているみたいですが、顧客は全国各地にちらばっているから、全部調べたら膨大な時間がかかる。それよりも、警察は何とか金庫のカネを盗んだ犯人を見つけ、事件解決の糸口をつかみたいと考えているはずです」(前出・ベテラン従業員)


 新妻Sさんが現在の心境を語る。


「金庫のおカネのことは、私はまったく知りませんでした。盗んだのかどうかはわかりませんが、もうすぐ社長の四十九日ですし、とにかく早く事件が解決してくれることを願っています」


「ドン・ファンの埋蔵金」のありかをみつければ、犯人逮捕につながるのだ。


「ドン・ファンの埋蔵金」2億円を盗んだヤツが犯人だ

会社に置いてある2つの金庫は、野崎氏しか開けることはできなかった


「ドン・ファンの埋蔵金」2億円を盗んだヤツが犯人だ

約2億円を入れていたとされるトランク。頻繁に移動させていたという


新規で会員登録をご希望の方
既に会員登録がお済みの方
あなたにオススメ

FRIDAY ダイナマイト

好評発売中
Friday ダイナマイト5月1日発売