大島優子「初めての熱愛写真」イケメン米国人と手つなぎデート!


大島優子「初めての熱愛写真」イケメン米国人と手つなぎデート!

マッサージに行ったり、古着屋を覗いたり、オフは近場で過ごす大島優子


「ねぇ、どれにする〜?」 都心のある映画館の窓口――かつてサッカー日本代表を率いたトルシエ監督の通訳、フローラン・ダバディ氏を彷彿させる長身のイケメン外国人に腕を絡め、小柄な女性が甘えていた。


 一応、変装はしているものの、キャップとマスクの間から覗く愛らしい瞳、総選挙のスピーチで何度も聞いたあの声で、彼女が『AKB48』の元エース、大島優子(30)であることはバレバレなのだが――周囲を気にする素振りはない。


 二人がチョイスしたのは『ボヘミアン・ラプソディ』。券売機で大島がチケットの購入手続きをしている間、今度はダバディ似のカレが彼女の背中に手を伸ばして、密着していた。スクリーンに向かう大島の後を、イケメンが静かにフォローしていく――そう、カレはレディファーストの国、アメリカで知り合った大切な人なのである。


 上映終了後、二人は帰宅ラッシュで混み合う品川駅へ徒歩で移動。横断歩道で信号が変わるのを待つ間、大島はカレの腕に頭をピタリとくっつけている。そして信号が青になるや、ガッチリつないだ手を前後に大きく振りながら、満面の笑みで歩き始めた。まるで高校生カップルの初デートのように……。


 そして――極めつけだったのが、『罪と罰』の東京公演が無事に終わった2月上旬のある夜。大島のマンションから出てきたのは件のカレと、なんと大島の父親だったのである。


 翻訳アプリを介して会話しているようで、二人はスマホを見せ合いながら、和気藹々としている。その後、彼らは大島父の知人らしき女性を交えて三人で寿司をつまんだ。


 ちなみに『罪と罰』の大阪公演を控えた大島本人はこの間、ずっと不在である――。


 一番の理解者であり、ファンであり、究極のストレス解消法は「お父さんに電話すること」と公言している大島。全幅の信頼を置く父に紹介し、大島パパもまた全力で歓待しているのだから、大島とカレが深い関係なのは間違いない。


 二人はいつから付き合い始めたのか。結婚の予定はあるのか。大島の所属事務所は本誌取材にこう答えた。


「プライベートなことは本人に任せておりますので、コメントは差し控えさせていただきます」


『罪と罰』公演を終えたのも束の間、NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』の出演が発表された大島。渡米によってキャリアに空白ができることを危惧する声もあったが、留学は大島にさらなる実りをもたらせたのである。


 3月15日発売のFRIDAY最新号では、ツーショット写真ほか、二人のデートの様子を詳しく報じている。


詳細の書かれた本誌記事は コチラ


あなたにオススメ
FRIDAY GOLD

5月1日発売

Friday GOLD5月1日発売

日録フライデー

3月15日発売

日録フライデー3月15日発売