観月ありさ夫妻 美術館みたいな大豪邸を建てる

結婚から4年、あまりのデカさに近隣住民も困惑


観月ありさ夫妻 美術館みたいな大豪邸を建てる

青山氏と'15年3月に結婚した観月。結婚式はバリ島で盛大に開かれた


 東京都目黒区内の高級住宅地に、セレブ夫婦の大豪邸が出現した。女優の観月ありさ(42)と建設関連会社「KRH」の代表取締役・青山光司氏(46)の新居である。敷地面積は約580㎡(約175坪)、地上3階、地下1階建てでエレベーター付きだという。圧巻なのは2階部分だ。広いフロアの3面がガラス張りになっている。


「土地だけで10億円前後はします。総工費は15億円近くになるでしょうね」(地元不動産業者)


 この土地を青山氏が購入したのは、観月と結婚する約1年前の'14年2月。着工するまで2年ほどかかった。しかも本来なら昨秋には完成する予定だったが、現在も内装や外構の工事が続いている。観月夫妻のこだわりゆえだという。


「設計は何度もやり直し工事が始まってからも変更したため、完成まで時間がかかっているんです。青山さんが代表を務める会社の年商は、グループ全体で100億円以上。自宅にかける予算はたっぷりあります」(青山氏の知人)


 要塞のような外見は周囲住民への威圧感も相当だろう。


「屋上が庭園になっているそうですから、植木の手入れもかかさないでほしいです。ホームパーティの騒音にも気をつけてくれれば」(近隣住民)


 ご近所トラブルにはご注意を……。


7月12日発売の『FRIDAY』最新号では、観月夫妻の大豪邸の画像や内部の詳しい情報を掲載している。


PHOTO 原 一平


詳細の書かれた本誌記事は コチラ





あなたにオススメ
FRIDAY GOLD

5月1日発売

Friday GOLD5月1日発売

日録フライデー

3月15日発売

日録フライデー3月15日発売