話題の書の著者 樋口耕太郎氏が語る「僕が沖縄で『愛』を叫ぶワケ」

日本が抱える本質的な問題を明らかにした話題の書

『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』の著者インタビュー


話題の書の著者 樋口耕太郎氏が語る「僕が沖縄で『愛』を叫ぶワケ」

樋口氏は沖縄大学人文学部国際コミュニケーション学科で「観光経営論」なども担当する


 一冊の本が沖縄で物議を醸している。沖縄大学准教授・樋口耕太郎氏(55)の初めての著書『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』がそれだ。米軍基地の存在によって、多額の経済的援助が長期間にわたって注がれているにもかかわらず、なぜ沖縄は日本でも突出した貧困社会なのか――。樋口氏に話を聞いた。


「沖縄は現状維持が優先される社会で、物事を変えようとする人に対して、有形無形の同調圧力がかかります。『出る杭』は打たれるので、人間関係は『譲り合い』が原則です。労働者が、『責任のある立場になって目立つくらいなら……』と昇進を断ることも珍しくないし、消費者も、周りの目を気にして、当たり障りのない定番商品を買い続ける。経営者は従業員を低賃金で雇いながら、現状維持を続けることが『合理的』になってしまっている。つまり、『沖縄の人が努力をしないのではなく、ある意味、同調圧力によって、努力することが(したくても)できないのだ』という見方なのです。

 しかし、なぜ沖縄の人はあえて現状維持を好むのか。私は貧困を生み出す根本原因に『自尊心の低さ』が存在するのではないかと思っています。自尊心とは、ありのままの自分を愛する力のこと。自分を愛せなければ、人と関わることが怖くなり、失敗を避けるようになるから、イノベーションが起こりえないのです」


 貧困問題を「自尊心」で論じた本書は賛否両論を巻き起こした。ただ、樋口氏はこの問題は沖縄特有のものではなく、日本全体の問題であるとも指摘する。


「沖縄は同調圧力が強く、現状維持を好む。でもそれは沖縄以外の日本も同じでしょう。多くの日本人も自分を大切にできず、日々、生きづらさを感じているのではないでしょうか」


 樋口氏はそうした生きづらさの原因が自尊心の低さ、つまり「自分を愛せないこと」である以上、この問題の解決方法は、「愛」以外にない、と言い切る。


「私は16年前に沖縄に来るまで、本土ではバリバリの金融マンでした。当時は、『どこまでも利益を追及するヤツ』という雰囲気で見られていたと思います。その私が沖縄のサンマリーナホテルを買収し、ひょんなことから未経験のホテル経営をすることになった。従来の経営手法でしゃかりきになって働きましたが、沖縄ではまったく機能しませんでした。

 そんなとき、沖縄で出会ったある人からこう言われたんです。『樋口さん、両手にたくさん荷物を持っているようですけれど、それは本当に大切なものですか。一度手放さないと、本当に大切なものを見つけたときに、手に取ることができませんよ』と。私はそのとき、『自分は沖縄で、本当に大切なものに出会うのかな』と妙に納得する感覚があったんです。

『両手の荷物を捨てて、本当に大切なものを選ぶ』――その『本当に大切なこと』とは何だろうか、とずっと考え、最終的に私には『愛』という言葉しか浮かばなかった。そうしたら、自分が一番関心のあるホテル経営で、どうしても『愛』を実践してみたくなりました」


 樋口氏はこの出会いを経て、「愛の経営」に目覚める。企業理念を「いま、愛なら何をするだろうか?」と定め、仕事のルールは「心からしたいことか?」「人の役に立つか?」の2つだけに絞った。


 この「愛の経営」は樋口氏の想像を上回る成果を生み出す。10年間赤字だったホテルは2年足らずで1億3000万円の経常利益を生む高収益企業へと再生した。取得額が30億円だったこのホテルに対して60億円の売却話が起こり、樋口氏はこれに反対して解雇された。


「金融の世界で『安く買って高く売る』ということを徹底的にやっていた人間がある日突然、『愛の経営』を実践し始めたら、会社は『樋口は頭がおかしくなった』としか思わないですよね。半年休職するか、精神科にかかるかと言われて、結局、クビになりました。億を超える年収もゼロになりましたが、惜しいとは思いませんでした。『本当に大切なもの』を選ぶことができましたから。

 今、沖縄も世界も、新型コロナで大変なことになっていますが、この環境を個人が変えることはできません。できることは、本当に大切なものは何かを考え直すことだけ。不謹慎かもしれませんが、仕事が減ってホッとしている人もいるんじゃないでしょうか。最近料理をするようになった、家族の会話が増えた、お父さんが遊んでくれるようになった、という声がずいぶん増えました。おカネを粗末にするべきではありませんが、それよりももっと大切なものは必ずある。みんなが気づいていないかもしれないけれど、それぞれの人を幸せにする生き方に至る道筋があるということが、この本で伝えたかったんです」


 この夏、必読の一冊である。


話題の書の著者 樋口耕太郎氏が語る「僕が沖縄で『愛』を叫ぶワケ」

ジュンク堂書店那覇店で5週連続ランキング1位を獲得し、大きな話題となっている。全国でも注目を集め、現在4刷2万部


話題の書の著者 樋口耕太郎氏が語る「僕が沖縄で『愛』を叫ぶワケ」

新型コロナの影響で観光需要が激減し、連休中も閑古鳥が鳴いた那覇の国際通り


話題の書の著者 樋口耕太郎氏が語る「僕が沖縄で『愛』を叫ぶワケ」

埋め立て作業が続く名護市辺野古。米軍基地の「見返り」として経済援助が続く


PHOTO:飯野亮一(1~2枚目) 時事


あなたにオススメ