瑛太&カエラ「3億円豪邸へお引っ越し♥」

夫婦不仲説を一蹴!

瑛太&カエラ「3億円豪邸へお引っ越し♥」

大きいほうのガレージに愛車を車庫入れするカエラ。長女を幼稚園へ送り迎えするのは、主に彼女の役目だ


 正面に大小二つのガレージを構え、2階にはガラスブロックとコンクリートのカベで目隠しされた広大な中庭。そして、カーブした屋根が美しい、小劇場のような建物が存在感を示している。


 日本を代表するロックシンガーや、剛腕政治家らの邸宅がある都内随一の高級住宅地に、コンクリート打ちっ放しのハイセンスな豪邸が加わった。


「みんなで『いつ完成するのか』『どんなVIPが越してくるのか』とウワサしていましたが、豪邸には『N様邸』と書かれているばかりで、誰なのか見当がつかず……」(近所の住民)


 家主の正体が判明したのは3月下旬。


 引っ越し業者の大型トラックがついに豪邸前に横付けされたのだ。作業員が5名がかりでキングサイズのベッドや洒落たアンティーク、子どものオモチャなどを、次々と豪邸の中に運びこむ。


 作業が一段落すると――建物の中から、ボンバヘッドの男が顔を出した。N様こと、俳優の瑛太(34)――本名・永山瑛太。妻で歌手の木村カエラ(32)との間に一男一女をもうけている。


 もともと、瑛太&カエラファミリーはこの豪邸から車で5分ほど走った先にある高級マンションで暮らしていた。


 だが、子どもの小学校進学を機に、緑豊かな公園があり、ハイクラスの住民が暮らすこの地が、子育てにとって最適と考え、転居を決めたのだろう。


「建物が立派なので一見、新築物件に見えますが、中古物件をリフォームしていますね。このエリアだと一坪246万円あたりで取り引きされていますから、土地だけで1億3000万円は下らないでしょう」(不動産仲介業者)


 外構は綺麗にコンクリートを打ってあり、屋根はバブリーなアルミ板を使用。地上2階建てだが、実は107㎡の地下1階を持つ3層構造だ。前出の業者が続ける。


「地下室をスタジオにするとしたら、それだけで3000万円はかかります。鉄筋コンクリート造りの建物&土地代で1億5000万円、フルリフォームで1億3000万円。総額3億円と見ています」


 だが、高額な費用より、セレブ夫婦が頭を悩ませているのが、互いの多忙さだろう。とくに瑛太は7月にはドラマ主演、来年もNHK大河ドラマへの出演が決まっている。だが、そこはカエラの実母がきっちりサポート。夕刻、食材を持って新居を訪れる姿が何度も目撃されている。


「送迎の手伝いもしています。引っ越したことで、長男が春から通い始めた小学校も、長女が通う有名幼稚園もグッと近くなった。教育熱心なカエラの要望がすべて優先されました」(二人の知人)


 瑛太が家に帰らない、ドラマで共演した女優と特別な関係にある――かつて、夫婦危機を報じられたこともあったが、本誌が見た限り、瑛太&カエラファミリーは盤石だ。転居後、都内で行われた長男の小学校入学式には、瑛太&カエラ夫妻の姿があった。


瑛太&カエラ「3億円豪邸へお引っ越し♥」

引っ越し作業が一段落した後、瑛太&長女(前列)は手伝いに来てくれた知人親子と近所のレストランへ


PHOTO:山田宏次郎

あなたにオススメ

FRIDAY ダイナマイト

8月9日発売
friday ダイナマイト