ミスチル桜井和寿 世田谷に「10億円豪邸」を建てて地元と揉める

Jポップのカリスマはなぜ「引っ越し挨拶」のメロンを受け取ってもらえなかったのか


ミスチル桜井和寿 世田谷に「10億円豪邸」を建てて地元と揉める

ボーカル兼ギタリストの桜井和寿は、CD総売上枚数6000万枚を誇るミスチルの楽曲のほとんどを作詞・作曲している


「引っ越しの際、ご本人が奥さんと子供たちを連れて、近所に挨拶に回っていました。さすが大物アーティストだと思ったのは、千疋屋のメロンを手土産に持ってきたこと。でも、なんと複数の近隣の方がその受け取りを拒否したそうです」(近所住民)


 東京・世田谷区のとある高級住宅街。この地に豪邸を建てたにもかかわらず、近隣住民にメロンを受け取ってもらえなかったのは、ミスチルこと『Mr.Children』の桜井和寿(かずとし)(49)である。昨年夏に完成した彼の新居は地上2階地下1階、敷地は約226坪で、延べ床面積は約260坪。スタジオが完備された地下室も約90坪ある。


「土地の坪単価は250万円ほど、上物の建築費用は坪200万円ほどだと推定できます。土地と建物を合わせて、総工費は10億円以上でしょう」(地元不動産業者)


 門扉のデザインだけでも、そのこだわりを感じるが、この邸宅に隣接する住民は複雑な気持ちで見つめているという。周辺を取材するとこんな不満が聞こえてきた。


「工期は説明もなく延長され、コンクリートを大量に使っていたからか、騒音が酷(ひど)かった。庭にプールを作るために境界線近くの地中を掘っていたので、隣の土地の地盤に影響がないかも心配です」


桜井さんの自宅は、2階の屋上部分に目隠しとして、高さ2m弱ほどの白壁の囲いがあります。あれのおかげで、周囲の家は日当たりや風通しが悪くなったんですよ」


「有名人だからだと思いますが、外塀の高さが5mもあり、日の光が遮(さえぎ)られてしまうんです。周りの草木が枯れてしまいます」


 このエリアは古くからの住民が多く、緑の多い街の景観を守るために、お互いに気を遣ってきたのだという。工事期間中には住民グループが桜井邸の工事現場に行き、担当者に書面を渡して抗議したそうだ。


「5回ほど抗議しましたが、現場の担当者は『桜井さんに伝えておきます』の一点張りでした。挨拶に来た桜井さんにも問い質しましたが、『もう建ててしまったので……』と。ご本人は低姿勢で丁寧に対応していただきましたが、いまも納得はいっていません」(前出とは別の近所住民)


「株式会社スタイル・エッジREALTY」の不動産コンサルタント・玉井諒氏が語る。


「普通のエリアに比べると高級住宅地は、騒音や日当たり、境界線でのトラブルが多い傾向にあります。古参の方の結束が強く、地元独自のルールがある場合もありますので、新しい住民の行為はどうしても目に付く。そのため新参の方は想定以上のクレームを受けることが多いのです」


 桜井の所属事務所はこう回答する。


「近隣の方々からご意見をいただいたことはありますが、個別に説明してきちんと対応し、良好な関係を築いております」


 Jポップのカリスマの豪邸が、地元に受け入れられる日は来るのだろうか――。


ミスチル桜井和寿 世田谷に「10億円豪邸」を建てて地元と揉める

「旗竿地」である桜井邸は、門扉から続く長いアプローチの先に家屋があり、外からでは様子が分からない


PHOTO:川崎侑弥 等々力純生


新規で会員登録をご希望の方
既に会員登録がお済みの方
あなたにオススメ
FRIDAY GOLD

5月1日発売

Friday GOLD5月1日発売

日録フライデー

3月15日発売

日録フライデー3月15日発売