歌舞伎界のサラブレッド 片岡千之助“両親の離婚と海外への夢”

千之助は祖父が人間国宝・片岡仁左衛門、父が片岡孝太郎というスター一家に育った。19歳のホープが語る私生活と歌舞伎へのこだわりとは


歌舞伎界のサラブレッド 片岡千之助“両親の離婚と海外への夢”

京都・南座前での千之助。師走の顔見世興行では3演目に出演した。2月には東京・歌舞伎座の舞台にも立つ


 「成人になりますけれど、まだ大人になるという気分が、ちょっとわからないですね。自分で決められること=自由が増える、でもそれに伴う自己責任も増えるのだろうな、とは思っています」


 こう語る片岡千之助(せんのすけ)(19)は、2000年3月1日生まれの歌舞伎役者だ。祖父は上方歌舞伎最大のスターにして人間国宝の十五代目片岡仁左衛門(にざえもん)、父は人気の女形・片岡孝太郎(たかたろう)だ。12月には京都・南座で人気演目『仮名手本(かなでほん)忠臣蔵』の大星力弥(おおぼしりきや)を演じた。いかにも将来を約束されたサラブレッド、という感じがする。

新規で会員登録をご希望の方
既に会員登録がお済みの方
あなたにオススメ
FRIDAY GOLD

11月13日発売

FRIDAYゴールド11月13日発売

日録フライデー

3月15日発売

日録フライデー3月15日発売