コロナで激動も愛は不変 長谷川博己が買い物後に向かった場所

大河ドラマは撮影休止でも「明智光秀」は公私に準備万全?


コロナで激動も愛は不変 長谷川博己が買い物後に向かった場所

買い物を終え、足早にクルマに戻る。182㎝の長身は目立っていたが、長谷川博己だと気づく買い物客はいなかった


 撮影休止中であっても、座長として大河を引っ張る長谷川博己(43)に、一切緩みはないようだ。


 4月下旬の夕方5時半、長谷川の姿は東京・広尾にあった。高級車から降りてくると、セレブ御用達のショッピング施設へ。目深にかぶったニット帽とマスクという完全防備である。


 本屋の袋をクルマに置くと、もう一度施設の中へ入って行く。少しでも人との接触を避けるためか、足取りは極めて速い。わずか10分ほどであっという間に買い物を済ませると、警戒度MAXでクルマに乗り込んだ。


「大河『麒麟がくる』の撮影は4月1日から休止しています。緊急事態宣言が予定どおり5月31日で解除されれば、撮影は6月末から再開される見込みです。とはいえ、撮影スタッフや出演陣に万が一感染者が出れば、このスケジュールもどうなるかわからない。長谷川さんをはじめとした大河チームは、一丸となって感染しない、させないための行動を徹底しています」(NHK関係者)


 そんな長谷川にも、英気を養う時間が必要なのだろう。高級車を駆って向かったのは、熱愛が報じられてきた女優・鈴木京香(51)のマンションだった。


「長谷川さんと京香さんは’10年の『セカンド・バージン』(NHK)で共演して以来、ずっと関係が取り沙汰されてきました。結婚も噂されていますが、『いよいよか』と報じられるたびに空振りに終わるので、『鈴木京香の結婚とお化けは出たためしがない』と業界では言われています」(スポーツ紙芸能担当デスク)


 晴れて大河がクランクアップしたら今度こそゴールインするのでは、という向きもあるが。


「コロナの状況次第ではありますが、NHKは全44話をきっちり放送する予定のようです。通常なら大河の撮影は10月には終わりますが、沢尻エリカ逮捕による撮り直しと今回の緊急事態宣言で、スケジュールは大幅に後ろ倒しになっている。撮影は年内いっぱいまで行われる可能性が高く、もし本当に結婚するとしても、発表は来年以降になるでしょう」(同前)


 良作の呼び声高い今回の大河。困難な状況を乗り越え、何とか撮影を終えてほしい。


PHOTO:西 圭介


あなたにオススメ
FRIDAY GOLD

11月13日発売

FRIDAYゴールド11月13日発売