お笑い第7世代 とっておきプライベートショット一挙公開

スペシャル企画

世の中を席巻する人気者たちの意外な素顔を捉えた


霜降り明星


粗品 

お笑い第7世代 とっておきプライベートショット一挙公開


 ’19年8月の深夜、港区内の高級タワーマンション前にマスクをした男の姿があった。男はコソッと柱の陰に身を隠す。すると、そこにタレントの秋山衣梨佳(25)が合流。秋山と男は人目を気にしつつ、そのままマンションの中へと入っていった――


 これは、以前本誌が報じた『霜降り明星』粗品(27)の熱愛現場である。


 今、『お笑い第7世代』の台頭が目覚ましい。『お笑い第7世代』とは、主に20~30代前半で芸歴10年以内くらいの若手芸人たちのこと。『ダウンタウン』『とんねるず』らが『お笑い第3世代』と呼ばれていたことを意識したもので、『霜降り明星』せいや(27)のラジオでの発言がきっかけで浸透した呼び方である。


「最近まで、テレビに出ている芸人は30代後半~40代がほとんどで、ここ10~20年は若い芸人があまり輩出されてこなかった。しかし、’18年の『M‐1グランプリ』で若手の『霜降り明星』が優勝してから流れが変わりました。この頃から実力のある若手芸人が立て続けに登場し、一つのムーブメントを引き起こしたのです」(お笑い評論家のラリー遠田氏)


『第7世代』の強みを一言で表すなら、〝若者志向〟と〝器用さ〟だという。ラリー氏が続ける。


「『EXIT』の兼近さんが、『ドラゴンボールやプロレスのたとえ話をされても僕ら世代にはわからない』と発言して話題になったように、『第7世代』の芸人たちにはお笑いを同世代の若者にもわかりやすく伝えようとする意識があります。

 彼らのもう一つの特徴として、SNSやYouTubeの使い方が上手いことが挙げられます。『四千頭身』などはテレビでできない企画をYouTubeで発信しています。とはいえ、彼らは若者に向けた笑いだけを追求しているのではありません。ニュースを斬るオピニオンリーダーとして活躍したり、先輩芸人に上手くイジられたりということも戦略的に行っている。漫才やコント以外も器用にこなせるのが彼らの強みなのです」


 実は、これまでに本誌は彼ら『第7世代』のプライベートショットを度々、掲載している。冒頭の粗品をはじめ、今年6月には『ぺこぱ』のシュウペイ(33)がコンビニで買い物する様子を撮影。するとシュウペイは、本誌に写真を撮られたことをネタにYouTubeで動画を配信した。動画は約35万回再生を記録したが、こうしたやり方もネットの使い方に長(た)けた『第7世代』ならではだろう。


 ’18年10月には、昴生(こうせい)(34)&亜生(あせい)(31)の兄弟漫才が人気の『ミキ』と、まひる(26)&よしこ(29)による女性お笑いコンビ『ガンバレルーヤ』が揃って食事する姿を発見。店を出るや否や昴生とまひるはジャレ合い始め、亜生とよしこは手を繋ぎ出した。相方や他の芸人との若者らしいカジュアルな付き合い方も、『第7世代』芸人の特徴かもしれない。


 とはいえ、このブームもいつかは終わる。そのときに、彼らの本当の実力がわかるのだろう。


せいや

お笑い第7世代 とっておきプライベートショット一挙公開

’13年結成。ボケのせいや(27)とツッコミの粗品(27)からなるコンビ。’18年の『M‐1グランプリ』で優勝。YouTubeチャンネル『しもふりチューブ』のチャンネル登録者数は約90万人。粗品は’19年9月、本誌に秋山衣梨佳との〝タワマン同棲〟を報じられた


EXIT


兼近大樹

お笑い第7世代 とっておきプライベートショット一挙公開

りんたろー。 

お笑い第7世代 とっておきプライベートショット一挙公開

’17年結成。ボケの兼近大樹(29)とツッコミのりんたろー。(34)からなるコンビ。〝パリピ〟〝チャラ男〟の芸風が主に若い女子に受け、アイドル的な人気を集めている。二人は今年の7月前半、それぞれ別の日にセブン-イレブンでの買い物姿を本誌に撮影された


ぺこぱ


シュウペイ 

お笑い第7世代 とっておきプライベートショット一挙公開

’08年結成。ボケのシュウペイ(33)と〝ツッコまない〟ツッコミの松陰寺太勇(しょういんじたいゆう)(36)からなるコンビ。’19年の『M‐1』で3位に輝き人気が爆発した。写真のシュウペイは、今年6月、仕事終わりにコンビニでカット野菜とレンジでチンするタイプのご飯を購入したところ


宮下草薙


宮下兼史鷹 草薙航基 

お笑い第7世代 とっておきプライベートショット一挙公開

’16年結成。ボケの草薙航基(28)とツッコミの宮下兼史鷹(けんしょう)(29)からなるコンビ。今年1月、初の冠レギュラー番組『宮下草薙の15分』(文化放送)がスタート。写真は今年4月上旬、『ヒルナンデス!』の生放送を終えて汐留(港区)の日本テレビから出てきた二人


ミキ&ガンバレルーヤ


よしこ 亜生 まひる 昴生 

お笑い第7世代 とっておきプライベートショット一挙公開

『ミキ』は’12年結成。ツッコミで兄の昴生(こうせい)(34)とボケで弟の亜生(あせい)(31)からなるコンビ。『ガンバレルーヤ』も’12年結成。ボケのよしこ(29)とツッコミのまひる(26)からなるコンビ。写真が撮られたのは’18年10月。4人は中野でジンギスカンを堪能していた


ゆりやんレトリィバァ


お笑い第7世代 とっておきプライベートショット一挙公開

’13年にNSC大阪校を首席で卒業したピン芸人。29歳。第1回『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)優勝。写真は、TBSの国山ハセンアナや先輩芸人の『ジャルジャル』福徳秀介と焼き肉を食べ終えたところ


3時のヒロイン


ゆめっち かなで 

お笑い第7世代 とっておきプライベートショット一挙公開

’16年結成。ボケのかなで(28)、ゆめっち(25)とツッコミの福田麻貴(31)からなるお笑いトリオ。ゆりやんが初代王者となった『THE Wで3代目王者に輝く。この日、二人は新橋駅近くで笑いながら語り合っていた


PHOTO:︎西原 秀 足立百合 高塚一郎 川上孝夫 山田宏次郎 時事通信社


あなたにオススメ