グラドル・仲村美海が潜入「ドライブインお化け屋敷」は本気で怖い

チケットは販売開始30分で完売

withコロナ時代のデートとして人気沸騰!

グラドル・仲村美海が潜入「ドライブインお化け屋敷」は本気で怖い

窓ガラス越しに次々と襲い掛かるお化けたち。ガラスを1枚隔てているとはいえ、その迫力は抜群


「マジ無理マジ無理マジ無理〜〜!」


 車内に響き渡る女の子の悲鳴。それをかき消すように、お化けのうめき声と車のボディや窓を叩く音が――。


 withコロナ時代ならではのデートスポットが今、大注目を集めている。その名は「ドライブインお化け屋敷」。7月4日にオープンすると、一回8000円という安くない料金にもかかわらず即完売。日によっては最大300組のキャンセル待ちだという。日本で一番予約が取れない大人気お化け屋敷へ、本誌記者とグラビアアイドルの仲村美海が潜入した。


 7月某日。東京タワーを望む港区の一画へ向かうと、あるガレージに案内された。中は軽自動車が1台入るとかなり圧迫感を覚えるような狭さ。車を停め終えると不意にシャッターが閉まり始めた。やがて中は完全な暗闇に。そして……


「ドンドンッ」


 とドアを叩く音が。見ると窓の外では血まみれの女性が必死の形相で「助けて! あいつが来る」と叫んでいる。


「こっち見てる! めちゃめちゃ目が合う! 怖い! 外見れない!」


 運転席の美海ちゃんがパニックに陥る中、今度はガレージの奥から鉄パイプを引きずりながら血走った目の男が現れる。


「あの女はどこ行った?」


 そうつぶやきながら車内を睨(にら)みつける男。次の瞬間、男は突然我々めがけて鉄パイプを振り下ろそうとする。


「きゃ――!!」


 美海ちゃんの叫び声が響く。その時、周囲は再び暗闇に包まれた……。


 その後も次々と起こる怪奇現象に絶叫し続けるうちに約20分の上演時間は終わりを迎えた。シャッターが上がりガレージを後にするまでの間、スタッフやキャストとの接触は一切なし。まさにコロナ時代の新しいお化け屋敷の形だった。


 美海ちゃんが興奮気味に感想を語った。


「本当に怖かった! 自分が車の中にいて、お化けのほうから来る分、襲われる感じがより強かった」


 企画、運営する株式会社「怖がらせ隊」のプロデューサー・岩名謙太氏も、そのデキ栄えには自信をのぞかせる。


「力を入れたのは脚本とキャスティング。脚本はストーリー仕立てで世界観に没入しやすくしています。またお化け役のスタッフは、普段は舞台俳優や声優をしている方々。そんな演技のプロたち約60名の中からキャスティングしているので、演技のクオリティは高いと思います」


 コロナという逆境の中で進化したお化け屋敷の最新型。皆さんもぜひ体験してみてはいかがだろうか?


グラドル・仲村美海が潜入「ドライブインお化け屋敷」は本気で怖い

車内にはお化けが車を揺らしたり叩いたりする音が不気味に響く。自分の車だと不安な方は、1000円でレンタルすることも可能


グラドル・仲村美海が潜入「ドライブインお化け屋敷」は本気で怖い

演者のクオリティはとても高い。特に四方八方から「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」と『呪怨』の伽椰子が発するような奇声が鳴り響く様は圧巻


グラドル・仲村美海が潜入「ドライブインお化け屋敷」は本気で怖い

オプションで車を血まみれにするサービスも。終わった後はお化け役のスタッフがキレイに拭いてくれるので安心してオーダーできる
グラドル・仲村美海が潜入「ドライブインお化け屋敷」は本気で怖い

本誌未掲載カット グラドル・仲村美海が潜入「ドライブインお化け屋敷」は本気で怖い

グラドル・仲村美海が潜入「ドライブインお化け屋敷」は本気で怖い

本誌未掲載カット グラドル・仲村美海が潜入「ドライブインお化け屋敷」は本気で怖い


PHOTO:會田 園


あなたにオススメ