滝沢カレンが六本木バーの店長と2年越しの熱愛


滝沢カレンが六本木バーの店長と2年越しの熱愛

交際相手(左)と店を出た滝沢。「待ってて」という様子で声をかけられ、一度別れた後、再び合流した


「知らぬ間に消え去ったって感じです」


 今年6月に出演したバラエティ番組の中で、ボーイフレンドとは長く続かない性格であることを独特の表現で明かしていた彼女だが、どうやらこの発言は「テレビ用」のもの。実際は、ブレイク前から付き合っていたカレ氏と、2年にわたる一途な恋愛を続けていたようだ――。


 今年一番の冷え込みとなった11月下旬の夜10時半、東京・六本木(港区)でモデルでタレントの滝沢カレン(25)の姿をキャッチした。


 ルックスは「正統派モデル」なのに、喋ると丁寧ながらどこか言い回しがおかしいというギャップが話題を呼び、いまやテレビで見ない日はないほどの人気者となっている。


 170㎝の長身によく似合う、オレンジ色のロングコートに身を包んだ滝沢が足早に向かったのは、路地裏にある雑居ビル。慣れた様子で狭い階段を上り、バーへ入っていく。


 その後、彼女が店から出てきたのは、約1時間後だった。階段から降りてくると、一緒に退店した外国人グループと出入り口の前でハグをしたり、笑顔で談笑したりと、少し酔っているのか、かなり楽しそうな様子だ。


 2〜3分後、表通りから路地に入ってきたタクシーが、階段の目の前に停まった。そそくさと乗り込む滝沢。そして、彼女が座った後部座席の横には、男性の姿が。先ほど、滝沢とともに店を出てきて、一緒に外国人グループと歩いて行った大谷翔平似のイケメンだ。


「男性は、この雑居ビルに入るバーで店長をやっているA君。知人の紹介でカレンちゃんと出会い、2年ほど前から交際をしています。A君は以前は広尾(渋谷区)でイタリアンを経営していたんですが、そこを閉め、今年1月に友人と一緒に六本木にバーをオープンした。以来、カレンちゃんは週に2〜3度くらいのペースでこのバーを訪れ、飲んだ後にA君と一緒に帰るというのがお決まりになっているようです。すでに親に紹介しているとも聞いています。少なくともA君は、結婚を意識していると思いますよ」(A氏の友人)


 現在、A氏は20代後半で、かつてはロックバンドでメジャーデビューしたこともあるという。このままA氏とゴールインということになったとすれば、どんな「ヘンな日本語」で発表してくれるのだろうか。


 12月15日発売のFRIDAY最新号では、ツーショット写真を掲載し、滝沢の熱愛について詳しく報じている。


PHOTO:等々力純生


詳細の書かれた本誌記事はコチラ




あなたにオススメ