「紀州のドン・ファン」事件 新妻Sさんが告白「私は絶対にやっていません」


「紀州のドン・ファン」怪死事件 渦中の新妻Sさんが独占告白!

和歌山県警の捜査員と歩くSさん。2月に入籍して以来、東京と和歌山を往復する生活を送っていたという


「警察の聴取はもう7回も受けています。(和歌山県警)田辺署に呼ばれたのが3回、家や社長(野崎氏)が経営する会社の捜索に立ち会ったのが4回。携帯も2度取り上げられたし、6月に入ってからは私の東京の家も家宅捜索されて……。警察が私を疑っているのは間違いありません。事情聴取の際にはっきりと、『殺人容疑として捜査しています。家にいたのはあなたと家政婦だけなんだから疑うのは当然でしょ』と言われましたから。でも、私は絶対にやっていません」


「紀州のドン・ファン」こと和歌山の資産家・野崎幸助氏(享年77)が亡くなってから、2週間。これまで沈黙を貫いてきた55歳年下の新妻・Sさん(22)は、静かな口調でそう語り始めた。


「事情聴取は同じ質問ばかりです。亡くなった日の私の行動や遺体発見の状況などを細かく細かく聞かれる。つらかったのは、亡くなってから1週間後に、13時間拘束され取り調べを受けたとき。『ウソ発見器』にかけられたんです。心拍数を測るようなテープを手首や足首に貼られて、『質問にはすべて"いいえ"で答えてください』と。『(覚醒剤を)食べ物に混ぜましたか』『風邪薬として飲ませましたか』と、とにかく覚醒剤に関する質問をしつこく聞かれました」


 野崎氏が亡くなった5月24日、Sさんは昼頃に起きた後、夕方から夫と2階の寝室で相撲中継を見ていた。相撲中継が終わった18時頃に1階のリビングへ降り、ともに食事。その際、野崎氏は「食欲がない」と語り、自らビールをグラスについで飲んでいたという。その後、野崎氏は一人で寝室へ。そして、Sさんが22時半頃に2階に上がると、野崎氏が全裸で死亡していた。


「私も、当日一緒にいたお手伝いさんも絶対に殺していません。社長も絶対に覚醒剤をやる人ではありません。愛犬のイブちゃんが5月上旬に亡くなってから、社長は『私も死にたい』と言い出すようになりましたが、私が『そんな気ないでしょ』と言ったら『Sさんがいてくれるなら』と答えていました。自殺はないと思います。田辺の家はセキュリティが甘いので、もしかしたら誰かが何かを仕込んだのかもしれませんし……真相は本当にわからないんです」


 6月8日発売のFRIDAY最新号では、野崎さんとの出合いから事件当日の状況、その後の捜査内容までSさんがすべてを告白している。また、本誌の取材に答える彼女の姿も掲載している。

 

詳細の書かれた本誌記事はコチラ




あなたにオススメ

FRIDAY ダイナマイト

好評発売中
Friday ダイナマイト8月10日発売

サッカー日本代表の全記録

好評発売中
サッカー日本代表の全記録