なぜ独身のフリ!? バックナンバー清水の「家族団らん」写真

ファン驚愕! 失恋アルバムで共感を得た人気バンドのボーカル・清水依与吏は子持ちの「リア充男」でした


独身のフリ!『大恋愛』主題歌バックナンバーの「家族団らん」写真


 ある平日の昼下がり―閑静な住宅街にそびえ立つ高級マンションから一台のSUVが出てきた。ハンドルを握るのは無造作ヘアの男臭いメンズ。人気ロックバンド『back number』のボーカル兼ギター、清水依与吏(いより・34)である。


「彼女をバンドマンに取られた清水が『バンドで成功して見返してやる』と’04年に結成。フラれた自分は彼女にとって“バックナンバー”(旧型)だというのがバンド名の由来だそうです。ところが、そんな後ろ向きなテンションで創った『逃した魚』、『あとのまつり』などの“失恋アルバム”が共感を呼び、ジワジワ支持を拡大。メジャーデビュー後の’15年に出した5枚目のアルバム『シャンデリア』でオリコン1位に輝きました。今年、行った3大ドームツアーは即日ソールドアウト。現在も戸田恵梨香とムロツヨシの切ないやりとりが泣けると話題のドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)の主題歌を担うなど、昨今の恋愛ドラマ、恋愛映画に欠かせないピースとなっています」(レコード会社幹部)


 そんな悲恋の男が真っ昼間にどこに出かけたかというと――意外や、セレブ御用達の幼稚園であった。関係者に誘導されながら、園内に入って行く清水。


 5分ほどで、幼稚園から清水のSUVが出てきた。大通りに出ると、そのまま真っ直ぐ、件(くだん)のマンションへ。エントランス前まで来ると一旦、停車。同時に後部座席のドアが開き、キャップを被った女性が降りてきた。アンニュイな雰囲気の漂う安藤サクラ似の美女である。


 そして、美女と一緒に園児服を着た男の子が降りてきて―って、ええ!?


「実は清水は、’14年に密かに地元・群馬の友人女性と入籍しているんです。同時期に突然、ブログをやめたのでファンの間では『結婚したのでは?』とウワサになっていましたが、本人は明言を避けていた」(音楽専門誌記者)


「悲恋の男」が実は結婚しており、かつ子どもまでいる「リア充男」だったとなればファンは衝撃だろう。どうして清水は独身のフリをし続けたのか?


11月16日発売のFRIDAY最新号では、『back number』清水依与吏からのコメントや家族との団らん写真を掲載している。


詳細の書かれた本誌記事はコチラ


あなたにオススメ
日録フライデー

3月15日発売

日録フライデー3月15日発売

FRIDAY ダイナマイト

3月8日発売

Friday ダイナマイト3月8日発売