ゲスのクロちゃん「美女お持ち帰り」で私生活もゲスだった

安田大サーカスのゲス男がモンスターぶりを発揮して


ゲスのクロちゃん「美女お持ち帰り」で私生活もゲスだった

深夜0時過ぎ、酔いが回ったのか、ゲスさに慣れたのか、ゴキゲンな美女にクロちゃんが迫る。目がマジだ


 極寒の空の下を、スカジャンに短パンという季節感のない巨漢が歩いていた。『安田大サーカス』のクロちゃん(42)である。首を左右に振り、時折、甲高い奇声を発しながらノッシノッシと進むその奇怪な姿はモンスターそのもの。


 隣を歩く高橋みなみ似の美女はニッコニコ。どうやら、かなり酔っているようだ。


 と、突然美女が立ち止まり、酒屋の自動販売機をバンバンと叩き始めた。目にはうっすらと涙を浮かべている。


 なんとゲス男はここが勝負どころとばかり、彼女の両肩をつかんで、「なんでだよぉ! そんなことないよぉ」とオーバーアクション気味に身体をゆすり始めた。


 それからタップリ30分かけて、クロちゃんと彼女は都内のマンション街へと消えていった。女性の部屋と思しき室内でミルクティーを飲むドヤ顔のクロちゃんの写真がツイッターにアップされたのは、その十数分後のことだった。


 番組では「モンスターハウスで彼女を作って、そのまま結婚したい」などと殊勝な言葉を口にしていたが(誰も信じてないだろうが)、その裏でちゃっかり、別の美女をお持ち帰りしていたのである。


 ゲスいねえ、クロちゃん!


撮影:山田宏次郎


詳細の書かれた本誌記事はコチラ


あなたにオススメ

FRIDAY ダイナマイト

12月25日発売
Friday ダイナマイト1月15日発売