桜庭ななみ 朝ドラ『スカーレット』で好演の注目女優 最新写真集の貴重なカットを独占先行公開

新境地セクシー


前作朝ドラではヒロインの妹役を繊細に熱演し、

6月からは、フジ系連ドラで主演。

確かな演技力で爪痕を残し、記憶に残る女優へとキャリアを歩んでいる。

話題の最新フォトブックより、貴重な美ボディショットと、デビュー当時の秘蔵写真をお届けする。


桜庭ななみ 最新写真集の貴重なカットを独占先行公開


女優として、表現したい
世界が見えてきました



 15歳でミスマガジングランプリを受賞し、デビュー。以来、女優として幅広い活躍を見せている。27歳を迎え、今の自分を伝えたいと、初のフォトブックをリリースする。


「これまでと今、そして未来について私自身が思うことを、ギュッと凝縮した一冊です。昨年12月に上海で撮影に臨みました。上海は、留学をしたことのある特別な場所なんです。気の置けない少人数のスタッフと終始リラックスして、本当に楽しく撮影させていただきました。写真を見返してみると、ずっと食べてばかりだったなと思いますね(笑)」


 上海でおすすめのスポットは、観光地でもある豫園(よえん)だという。


「夜景がキレイでショッピングもとても楽しいのですが、とくに豫園の〝焼き小籠包〟が最高! 本の中にお店の紹介も載っているので、ぜひ参考にしてくださいね」


 巻頭では、瑞々しくもセクシーなグラビアショットに挑戦している。


「スタジオで撮影したのですが、ちょっと先の未来を意識して、大人っぽく大胆に。気分が高まって、グラビア時代のように、弾けた写真もあります(笑)。ぜひ多くの方に見ていただきたいです」


 今作には彼女自身が企画から参加。まだ0歳の頃や、デビュー当時の秘蔵写真も入れることに。


「私の歴史のすべてを詰めました。デビューから本当にあっという間でしたが、あらためて振り返って、たくさんの貴重な経験をさせていただいたなと。10代の頃は怖いもの知らずで、グラビアもドラマも映画も、ただただワクワクしながら撮影に臨んでいました。それからいろんな作品を経て、『こう演じたい』というビジョンが明確になってきたと思います。大河ドラマの『西郷(せご)どん』や朝ドラ『スカーレット』でご一緒した先輩方は、演じることに対する熱量が本当にすごくて、毎日がかなり刺激的でしたね。とても勉強になりました」


 外出自粛中の今は、断捨離をしたり新たな料理に挑戦したり、家で楽しく過ごしているそう。


「休みの日は増えましたが、早く撮影現場に戻りたいという気持ちが強いんです。やっぱり女優というお仕事が好きなんだと改めて感じています。ステップアップしていく姿を今後もお見せできるように、頑張っていきたいです。大変なときですが、皆さまどうかお身体にはお気をつけくださいね」


Sakuraba Nanami   27歳

T162.5 B79 W60 H87

鹿児島県出身。

2007年にスカウトされ、芸能界入り。

’10年、ヒロインを演じた映画『最後の忠臣蔵』で、第35回日本アカデミー賞新人俳優賞など数々の賞を受賞。

’18年、NHK大河ドラマ『西郷どん』、映画『焼肉ドラゴン』、’19年9月から’20年3月まで放送されたNHK連続テレビ小説『スカーレット』など、多くの話題作で好演している。

中国語、韓国語を流暢に操る国際派女優としても活躍中。

今夏放送予定のフジテレビ系連続ドラマ『13(サーティーン)』で主役を演じる


●桜庭ななみ PHOTO BOOK『ななみ Flowering』(6月4日発売/講談社)より


撮影:豊田 亮

取材:萩原はるな


会員登録をしていただくと、写真の拡大やスライドショーが楽しめます。
新規で会員登録をご希望の方
既に会員登録がお済みの方
あなたにオススメ